通販のコンフォティスプラスの効果を安定して得るために

愛犬のイメージ コンフォティスプラスは、月に1回1錠という少ない投与回数であることが特徴です。

最小限の投与回数で確かな効果を得られるので、投薬による愛犬へのストレスも最小限に抑えることができます。

頻繁に次の分を投与しなくても良いため、飼い主さんが薬を飲ませる手間をあまり感じません。

愛犬にも飼い主さんにも優しいフィラリア予防薬といえますが、投与回数が少ないということは、飲ませ忘れが起きてしまう可能性があるということでもあります。

 

コンフォティスプラスの効果は、最大で1ヶ月程度になっています。

それ以上の期間は愛犬を守ることができず、1ヶ月を過ぎると愛犬がフィラリアやノミ、マダニ、内部寄生虫から無防備な状態になってしまいます。

効果が途切れた期間ができてしまうと、コンフォティスプラスによる予防効果が半減してしまい、確実に愛犬を寄生虫から守れなくなってしまいます。

効果が途切れてしまっている間にフィラリアの感染を許してしまう可能性も高く、コンフォティスプラスを飲ませ忘れていたのが原因で愛犬がフィラリア症にかかってしまうおそれもあります。

愛犬の健康を守るためにも、コンフォティスプラスで寄生虫予防をするときは効果が途切れてしまわないように注意する必要があります。

 

効果を安定したものにするためにも、コンフォティスプラスを投与する際は月に1回、同じ日付に行いましょう。

毎月同じ日付に投与することで、前に投与した分の効果が途切れたタイミングで次の分を投与できます。

切れ目なく安定して予防効果を得続けられるため、確実にフィラリアやノミ、マダニ、内部寄生虫を駆除・予防し続けられます。

毎月同じ日付にコンフォティスプラスの投与を続け、愛犬の健康と命をしっかりと守りましょう。

 

もしも通販のコンフォティスプラスを飲ませ忘れたら?

愛犬のイメージ先ほどもご説明したように、コンフォティスプラスは飲ませ忘れがあると予防効果が薄れてしまうという大きなデメリットがあります。

愛犬の健康にも大きな悪影響を与えてしまうので、飲ませ忘れがないように気をつけながら投与しなくてはなりません。

しかし、どれだけ気をつけていても仕事や日常生活が忙しかったりすると、飲ませ忘れが発生してしまう可能性もあります。

 

コンフォティスプラスの飲ませ忘れが発覚した場合、投薬予定日から14日以内であれば飲ませ忘れていた分をすぐに投与してください。

フィラリアは、愛犬の体内に入るとまずは皮下組織や筋肉中に潜み、約2~3ヶ月という長い時間をかけて成長します。

十分に成長したら血管に移行して心臓を目指し、最終的に心臓の右心室から肺動脈に寄生して成虫になります。

そのため、投薬予定日から14日以内であれば、体内に侵入したフィラリアの幼虫はまだ皮下組織や筋肉中に潜んでいる可能性が高いです。

コンフォティスプラスを投与しても愛犬の健康に悪影響を与える心配が少ないので、速やかに投与し忘れていた分を飲ませてください。

以降は1ヶ月間隔での予防を続け、再び飲ませ忘れがないように注意してください。

飲ませ忘れてから1ヶ月が経過していた場合は?

コンフォティスプラスを飲ませ忘れてから1ヶ月が経過していた場合も、同様に飲ませ忘れていた分を投与します。

しかし、1ヶ月以上が過ぎていた場合は体内のフィラリアの幼虫が成長して予防薬が効きにくくなっている可能性があります。

そのため、翌月は動物病院で忘れずにフィラリア検査を受け、フィラリアに感染していないかどうかを確かめてください。

1ヶ月以上もの長期にわたって飲ませ忘れていた場合は?

コンフォティスプラスを最後に飲ませてから、1ヶ月以上もの長い時間が経っていた場合は特に注意が必要です。

1ヶ月以上もの空白ができてしまった場合は、体内に入り込んだフィラリアの幼虫が成虫になっている可能性があります。

フィラリアが成虫になっていると、体内に大量の幼虫が潜んでいる可能性が高いといえます。

このような状態でコンフォティスプラスを投与すると、一度に大量のフィラリアの幼虫が死滅してショック症状を引き起こしてしまうおそれがあります。

ショック症状が起きると愛犬の命に関わる可能性があるため、1ヶ月以上コンフォティスプラスを飲ませ忘れていた場合は必ず獣医師に相談し、フィラリア検査を受けましょう。

 

通販のコンフォティスプラスの飲ませ忘れを防ぐために

愛犬のイメージコンフォティスプラスを飲ませ忘れてしまったときは、飲ませ忘れてからどれくらいの日数が経過しているかによって対処法が変わります。

どのような対処法をすればいいのか事前に確認しておけば、もし飲ませ忘れが発生してしまっても速やかに落ち着いて対処できます。

しかし、対処法があるからといって飲ませ忘れが発生すること前提でコンフォティスプラスを投与するのはあまり好ましくありません。

愛犬をフィラリアやノミ、マダニ、内部寄生虫から効果的に守るためにも、飲ませ忘れが発生しないような工夫が必要です。

カレンダーに投与した日を記録しておこう

フィラリア予防薬の飲ませ忘れを防ぐ一番の方法が、カレンダーに印をつけておく方法です。

コンフォティスプラスを投与する日にあらかじめ印をつけておき、いつ次の分を投与すればいいのか可視化することで飲ませ忘れを防ぎます。

カレンダーを見るたびに、コンフォティスプラスの投与日を思い出すのでうっかり予定日を過ぎてしまう心配が少なく、継続して投与しやすくなります。

 

日常的にカレンダーを見る週間がない場合、スマートフォンの中にあるカレンダー機能を利用しましょう。

スマートフォンのカレンダー機能は、予定を入れる際にアラームをかけてお知らせするように設定することができます。

次のコンフォティスプラスを投与する日にアラームつきで予定を入れておけば、次の投与日を迎えたときにアラームが鳴るので、より飲ませ忘れが発生しにくくなります。

どなたでも簡単に挑戦できる方法なので、コンフォティスプラスを飲ませ忘れてしまいそうで心配な方はカレンダーに印をつけたりスマートフォンのカレンダー機能を活用したりしましょう。

投薬予定日をお知らせするサービスを利用しよう

スマートフォンを利用する方法では、アプリを活用して飲ませ忘れを防ぐという手もあります。

スマートフォンの普及率が高まり、多くの飼い主さんがスマートフォンを持つようになった現在では、フィラリア予防薬の飲ませ忘れを防ぐアプリが登場しています。

具体的な操作感はアプリによって異なるので、一概にこうであると説明するのは難しい面があります。

しかし、こういったアプリを活用すれば、次にフィラリア予防薬を飲ませる日が近づいてきたときにお知らせしてもらえます。

投薬日前日にお知らせしてもらえるものもあるので、カレンダー機能を活用する方法以上にコンフォティスプラスの飲ませ忘れを防げるといえます。

 

また、フィラリア予防薬のアプリの中には、病気や製品についての情報も配信してくれているものもあります。

フィラリア予防薬の飲ませ忘れを防ぐだけでなく、愛犬の健康を守るために効果的な情報も一緒に手に入れられるのでお得といえます。

コンフォティスプラスの飲ませ忘れを防ぐ以外にも、何かお得な情報を得たいという場合はこのような特徴があるアプリを活用しましょう。

 

通販のコンフォティスプラスの飲ませ忘れを防ぐ方法まとめ

・コンフォティスプラスは飲ませ忘れがあると効果が半減してしまうので注意

・飲ませ忘れを防ぐ方法で、簡単なのはカレンダーに印をつけておく方法

・投薬予定日をお知らせしてくれるアプリを活用するという手段もある

・もし飲ませ忘れてしまったときは、14日以内ならすぐに飲ませ忘れていた分を投与する

 

通販で手軽に購入できるだけでなく、投与回数が少ないので使いやすいという魅力があるコンフォティスプラス。

しかし、手軽に使える反面飲ませ忘れが発生してしまう可能性もあるので、通販のコンフォティスプラスを使う場合は飲ませ忘れを防ぐ工夫が必要です。

もっとも簡単なのはカレンダーに印をつけておく方法ですが、最近ではフィラリア予防薬の投与予定日をお知らせしてくれるアプリもあります。

自分により適していると感じる方法を選んで、通販のコンフォティスプラスを飲ませ忘れてしまうのを防ぎましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました