通販から買えるコンフォティスプラスを正しくペットに飲ませてあげよう

犬の体への感染率が高い寄生虫病のフィラリア症。

フィラリア症は感染に気付くまでに時間がかかりやすいだけでなく、気づいた頃にはすでに症状が進行していたという事態まで発展しがちです。

感染する前に徹底して予防を行うことが、飼い主さんにとっての重要な務めになります。

コンフォティスプラスは、そんなフィラリア症の有力な予防方法の1つです。

フィラリア予防以外にもノミ・マダニの駆除効果も期待できるので、ペットの健康において重要な役割を持っているといえるでしょう。

動物病院で処方されている他にも、通販サイトを使って購入することも可能になっています。

愛犬家のみなさんにも信頼を寄せられているコンフォティスプラスを、安全な正しい使い方でペットに与えてあげてください。

通販で始めるフィラリア予防・コンフォティスプラスの正しい使い方まとめ

コンフォティスプラスは飲み薬なので、ペットに直接飲ませて体内へ吸収してもらうことになります。

ペットの中には、薬が苦手でなかなか飲んでくれないという子も見られるかもしれません。

薬を飲むのが苦手なペットのことを考えて、コンフォティスプラスは薬に混ぜても飲めるようになっています。

このページでは、コンフォティスプラスの飲ませ方から使う時の注意点まで、コンフォティスプラスの使い方に関することをまとめています。

コンフォティスプラスの飲ませ方

コンフォティスプラスは、1ヶ月に1回1錠のペースで使用します。

体内に吸収されたコンフォティスプラスの成分は、1ヶ月かけて体全体に浸透して予防・駆除を完了させます。このことから、1ヶ月に1回というペースで使用するのが最も適切なのです。

次の月に使用する時は、できるだけ前回の使用と同じ日付に行えるようにしてください。

この薬の飲ませ方には2通りあります。

まず、少量の餌を食べさせてから、食後にコンフォティスプラスを飲ませる方法です。

そしてもう1つが、砕いたコンフォティスプラスを餌に混ぜて飲ませるという方法です。

飲ませ方は、ペットがどれだけ薬を警戒するか、また餌に混ぜて気付くかどうかによって選ぶのが1番良いでしょう。

ただし忘れてはいけないのが、空腹状態のペットにコンフォティスプラスを飲ませるのは推奨されないということです。

コンフォティスプラスは、餌といっしょに体内へ取り込まれた時に1番効能を発揮します。

そのため、使う時には最初に餌を与えるか、餌と同時に与えるのが有効です。

コンフォティスプラスの成分量の目安

コンフォティスプラスの成分量は、犬の体重に合わせて変化します。

犬の体重1kgあたりにつき、ミルベマイシンオキシム0.5mgとスピノサド30mgが目安とされています。

現時点では体重2.3kg~54kgまでの犬に適応したものが作られています。

54kgを超える犬に飲ませる場合は、他の体重の犬の錠剤と組み合わせて、成分量を適量に調節して与えてください。

現在販売されているコンフォティスプラスには、次の5種類があります。

  • 超小型犬用(体重2.3~4.5kg)
  • 小型犬用(体重4.6~9kg)
  • 中型犬用(体重9.1~18kg)
  • 大型犬用(体重18.1~27kg)
  • 超大型犬用(体重27.1~54kg)

コンフォティスプラスの副作用

コンフォティスプラスは体内に成分を直接取り込むものなので、予防の効果に期待できますが、効果が強いということはそれだけ副作用が見られる可能性も高まることになります。

コンフォティスプラスの副作用として現れやすいのが、

初期症状の嘔吐

食欲不振

下痢

まれに蕁麻疹などのアレルギー反応

といったこれらの症状です。

副作用が続く場合は、使用を止めて獣医師に相談してみましょう。

フィラリア検査を受けておくこと

もしも愛犬がすでにフィラリア症に感染していた場合、コンフォティスプラスを飲ませると歩行困難やアナフィラキシーショックなど重度の症状を起こす恐れがあります。

すでにフィラリアが体内にいるところにコンフォティスプラスを投与すると、突然大量に駆除されたフィラリアが血管に詰まるようになります。

その結果、重度の副作用につながりやすいのです。

コンフォティスプラスを使用する前に、愛犬のフィラリア検査を済ませておきましょう。

コンフォティスプラスを飲ませる時に注意すること

コンフォティスプラスは効果的な反面、使い方やペットの体質によっては注意が必要になるケースもあります。

ペットの健康のための薬で健康に支障が出てしまえば、本末転倒ともいえる結果になるでしょう。

安全に使い続けるために、コンフォティスプラスを使用する上での注意点に目を通しておきましょう。

  • 犬用のコンフォティスプラスは、犬以外の動物に使わない
  • 食物アレルギー持ちのペットに飲ませる場合、成分内容を確認する
  • 生後14週齢未満または体重2.3kg未満の犬に飲ませない
  • 妊娠中、授乳中の母犬へ飲ませる時は獣医に相談する
  • イベルメクチン配合の薬とは併用禁止

コメント

タイトルとURLをコピーしました